リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

17/04/21【WOWOWリーガコラム】クラシコ歴代「印象に残る5つのゴール」

 クラシコに限らず印象に残るゴールの要素としては、①勝負やタイトル獲得を決めたかどうかの重要度、②個人技あるいはコンビネーションプレーの美しさ、③出来事として衝撃だったの3つの観点だろうか。


動画はこちら

 これら3つすべてが揃っているのが、13-14コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝でのベイルの決勝ゴール。相手DFバルトラに押し出されラインの外に大きくはみ出しているのに、最短距離を走ったバルトラよりも先にボールを触ってシュート。バルトラはベイルが倒れるまで押し出すべきだったとか、GKピントはバルトラが抜かれた時点で前へ出るべきだったとか、ミスは指摘できる。だが、何よりもベイルの衝撃のスピードに拍手を送るべきだろう。ケガがちで大爆発はしていない彼のレアル・マドリードでのベストゴールであり、なぜフロレンティーノ・ペレス会長が彼にクリスティアーノ・ロナウドの後継者を見ているのかが理解できるゴールでもある。

動画はこちら

 出来事としての衝撃度では空前絶後なのが、05-06シーズン第12節のロナウジーニョのゴールではなくて、“ゴールがもたらしたもの”。レアル・マドリードのホーム、サンティアゴ・ベルナベウの観客がバルセロナの選手へスタンディングオベーションを贈るなどというのは、今後も二度とないのではないか。セルヒオ・ラモスをリズムチェンジ一発で抜き、カシージャスの股間を抜くというロナウジーニョのゴール(この日自身2点目)も美しくなくはない。だが、彼がボールを受ける前、ボールロストにのろのろと反応する選手を見ればわかる通り、すでにレアル・マドリードのモラルは壊れており、単独でそれを成し遂げたロナウジーニョのアクション全体(ゴール、パス、トリッキーなプレーなど)を凄い、と評すべきだろう。

メッシ動画はこちら

 3番目に選んだのは、04-05シーズン第31節のジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)のゴール。先の名ゴールの条件には必ずしも該当しないのだが、実は1994年から欠かさず見ているクラシコで一番印象に残っている試合の、一番印象に残っているゴールだから選んだ。このシーズン、首位バルセロナに大差を付けられていたレアル・マドリードは“意地だけ”を見せるために、この試合に臨み、その意地に心を熱くさせられた。あの華麗なジダンがそのイメージをかなぐり捨て、ポストに頭を激突する事を躊躇しないダイビングヘッド! 一瞬でも迷いがあれば足で飛び込むところだが、恐怖を気迫が上回ったのだった。このゴール時には、ラウールはケガの治療中でグラウンド外におり、その後のロナウドのゴールシーンに目の上を晴らしたラウールの姿が映っている。感動したのは私だけではなかったようで、この名ゴール集にこの同じ試合のゴールが3つも選ばれていたし、レアル・マドリード制作の映画『レアル・ザ・ムービー』でもクライマックスで使われていた。ある意味、レアル・マドリードのあるべき姿を表明するゴールだった。

動画はこちら

 4つ目は06-07シーズン第26節「19歳のメッシ、衝撃のハットトリック」。3ゴールとも名ゴール入りしているが、このゴールを選んだのは、メッシの長所、マークを外しながらのスペースへの飛び出し、加速して1人抜き、そして中でも最大の美徳だと思う正確なシュートのすべてが1つのゴールに凝縮しているからだ。正確なシュートはプロなら誰でも打てる。しかし、密集を抜け出すスーパープレーの後に、ブレないでファーポストのサイドネットに突き刺せるのは、メッシだけ。私が見ている1994年以降で言えばクラシコ最高の選手は疑いなく彼である。当時まだ若造の彼はフィニッシュに専念しているが、10年後の今は中盤やトップ下でアシスト役やゲームメイクも兼任しているのはご存じの通り。

動画はこちら

 最後は03-04シーズン第34節のシャビのアクロバチックな空中ボレー。フィニッシュの美しさもそうだが、銀河系軍団の無冠を決定付けたゴールとして印象深い。実況では「ケイロス監督が下がれと命じています」「試合は完全に壊れています」というコメントが象徴する失望後、レアル・マドリードは5連敗というクラブ史上ワースト記録でリーガ・エスパニョーラを寂しく終えている。2強の直接対決であるクラシコ第2戦はリーグ優勝決定戦の様相を呈することが多く、それに敗れたものは立ち直れない。そんなクラシコの怖さを象徴する試合、象徴するゴールだった。

 ちなみにここでもループでアシストを出しているロナウジーニョは、実はバルセロナの「プランB」だった。「プランA」はベッカムだったが、宿敵レアルにさらわれたためやむを得ず獲った選手だった。まさかこんな形で明暗が分かれるとは、1年前両クラブの誰も思っていなかったに違いない。

《文=木村浩嗣》

【クラシコ歴代50ゴールはこちら

スペイン・リーガエスパニョーラの生放送予定

リーガエスパニョーラ第33節

・セビージャ vs グラナダ
 4月21日(金) 深夜3:45〜(生中継 WOWOWライブ
・ビジャレアル vs レガネス
 4月22日(土) 夜11:00〜(生中継 WOWOWライブ
・エスパニョール vs アトレチコ・マドリード
 4月22日(土) 深夜3:30〜(生中継 WOWOWライブ
・レアル・マドリード vs バルセロナ
 4月23日(日) 深夜3:30〜(生中継 WOWOWライブ
・エイバル vs ビルバオ
 4月24日(月) 深夜3:30〜(生中継 WOWOWライブ

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.