日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

17/03/27【日本代表】3位と4位が潰し合う間に、タイから勝ち点3を確保せよ

負傷者が続出した日本は、どのように戦うか(写真:Getty Images)

一番の敵は慢心。油断禁物のタイ戦

 難敵UAEとのアウェーゲームを2-0で快勝し、初戦の借りを返した日本代表。今度はホームにタイ代表との一戦を迎える。試合終了直後にバヒド・ハリルホジッチ監督は「次のタイ戦に勝てなければ、今日の勝利は意味がない」と話していたが、グループB最下位の相手にホームで勝ち、2位の座を保ちたい。

  実質2日間の準備期間しかなかった中で臨んだUAE戦は、完璧に近い内容だった。UAEにやりたいことをやらせず、本当に危なかった場面はGK川島永嗣がFWアリ・マブフートと1対1になった前半のシーンくらいだ。それだけに、この戦い方を継続したいところだが、そうもいかない。2年ぶりの代表復帰となったUAE戦でMVP級の活躍を見せたMF今野泰幸、センターFWで確かな存在感を放ったFW大迫勇也が負傷により、代表を離脱することとなった。さらにMF高萩洋次郎も負傷のため、チームを離れた。

  この状況を、あえてポジティブに捉えるならば、タイ戦に向けてより慎重に入れることが挙げられる。難しいゲームに勝利した直後、最下位の格下相手との一戦となれば、気が緩んでも仕方がない。しかし、勝利に大きく貢献した選手が不在となれば気も引き締まる。また、代わりに出場機会を得られる選手も、今後の定位置奪取に向けてアピールするチャンスになるため、高いモチベーションでこの一戦に臨むことになるだろう。

  4-3-3のキーマンである今野が不在となり、選手の並びはUAE選前までのボランチ2枚の4-2-3-1に戻る可能性がある。このタイミングでMF遠藤航を追加招集したが、今野に代わり中盤の一角に入るのはUAE戦で途中出場し、その直後には決定的なパスを大迫に送ったMF倉田秋が有力だ。

  より人選の予想がつきにくいのが、大迫に代わるセンターFW。普通に考えれば、所属するレスターでポジションと本来のパフォーマンスを取り戻しつつあるFW岡崎慎司が起用されるはずだ。だが、より大迫に似た役割を求めるのであれば、前線を広く動き回り、スペースに飛び込んでいくプレーで生きるタイプよりも、しっかりとボールを収めることのできるタイプが求められる。

  センターFW候補には、岡崎の他に、FW浅野琢磨、FW久保裕也、追加招集されたFW小林悠がいる。この中で、大迫に最も近いプレーができるのは久保であり、右サイドで好プレーを見せた23歳を中央で試す可能性もある。久保をセンターFWに置き、右サイドに岡崎を起用するのも手だろう。また、もう一人のセンターFW候補は、昨年10月のオーストラリア戦で、現在の大迫に近い役回りをこなしたMF本田圭佑だ。右サイドのDF酒井宏樹と久保の連携を熟成させるために、ミランの10番をセンターFWで起用することも考えられる。ハリルホジッチ監督が、どのような選択を下すかに注目だ。

 今予選未勝利のタイ。日本から初勝利を狙う(写真:Getty Images)

B組最下位のタイ代表はキーマンも不在

 今予選のタイは、6試合を終えて1分け5敗。ホームでオーストラリアと引き分けた以外は、全敗であり、日本も第5節にアウェーで対戦して2-0の勝利を収めている。FIFAランクでは日本の51位に対し、タイは127位であり、この数字通りの力の差を示す必要がある。特に今節は3位のオーストラリアと4位のUAEが潰し合うだけに、一気に後続との差を広げておきたい。

  タイはキーマンの一人である左サイドバックのDFテーラトン・ブンマタンが累積警告のために出場停止。強烈な左足のキックで、セットプレーから直接ゴールを狙ってくる飛び道具がいないことは、日本にとってプラスに働く。警戒が必要なのは、カウンターだ。特に7月に北海道コンサドーレ札幌に加入することが決まっている「タイのメッシ」ことMFチャナティップ・ソンクラシンのドリブルには警戒が必要だ。また、絶対的なエースであり、難しい体勢からもシュートを枠に飛ばしてくるFWティーラシン・デーンダーも一発を持っており、所属クラブが同じチャナティップとのムアントン・ホットラインは警戒したい。

  この試合を含めて、最終予選は残り4試合。そのうち2試合は、ピッチ内外で何が起こるか予測がつかない中東でのアウェーゲームだ。余裕を持ってその試合を迎えるためにも、勝ち点3は取らなければいけない一戦だ。

《文=J:COMサッカー編集部》

日本代表関連生放送予定

2018FIFAワールドカップロシア アジア最終予選

・日本 vs タイ
 3月28日(火) 夜6:30〜夜9:50(生中継 NHK BS1、テレビ朝日系)

Jリーグ関連生放送予定

Jリーグ J1 第5節 

・アルビレックス新潟 vs ガンバ大阪
 4月1日(土) 昼2:00〜昼4:00(生中継 NHK BS1)
・ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ
 4月1日(土) 昼4:00〜夜6:10(生中継 サンテレビ)
・大宮アルディージャ vs 鹿島アントラーズ
 4月1日(土) 夜7:00〜夜9:00(生中継 NHK BS1)

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.