ブンデスリーガブンデスリーガ

17/03/17【ブンデス】日本代表戦を控える日本人選手にも重要な第25節

良い形で試合を終え、日本代表に合流したい香川(写真:Getty Images)

調子を取り戻しつつある香川真司

 今週末、ブンデスリーガは第25節が行われる。直後にアウェーでのUAE戦、そしてホームでのタイ戦を控える日本人選手たちにとっても重要な週末となる。

 3位ドルトムントは金曜日に17位インゴルシュタットをホームに迎える。試合感覚の短いドルトムントにとっては苦しい日程だが、降格圏に沈む相手から確実に勝ち点3を掴みたいところだ。MF香川真司は公式戦2戦連続先発を果たしており、調子を取り戻しつつある。チームは攻撃陣にケガ人が相次いでおり、インゴルシュタット戦の先発も十分に考えられる状況だ。香川としてはしっかりと良いパフォーマンスを見せてUAEへ向かいたいところだ。

 土曜日には2つの日本人対決が組まれている。7位ケルンは5位ヘルタ・ベルリンをホームで迎え撃つ。ケルンはリーグ戦最近5試合白星なしと苦しい状態が続いているが、一方のヘルタもアウェーでは5連敗中で、12試合でわずか2勝とリーグで下から4番目の成績しか残せていない。代表戦でも大きな役割を担うことになるFW大迫勇也とMF原口元気も先発が予想されており、活躍に期待したいところだ。

 5連敗中のフランクフルトは前節バイエルン戦で左足がポストに激突し、負傷交代したMF長谷部誠は欠場の見込みになっている。縫った個所の痛みがまだ残っており、今週中の練習復帰を目指している状態だ。ケガ人続出でメンバーのやりくりを強いられているフランクフルトとしてはかなり苦しい。一方のハンブルクは2連勝で勢いに乗ってフランクフルトに乗り込むが、苦手のアウェーでどこまで戦えるかがカギになってくる。

《文=山口裕平》

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.