日本代表・Jリーグ日本代表・Jリーグ

16/11/15【W杯最終予選】原口の4試合連続弾が決勝点! 日本がサウジアラビアに勝利して勝ち点「3」をつかむ

4試合連続のゴールを決めた原口(写真:Getty Images)

勝ち点「10」で前半戦を終える

 日本代表は15日、W杯アジア最終予選のサウジアラビア代表戦を行った。4節を終えて3勝1分けでグループの首位に立っていたサウジアラビアに対して、2-1で勝利。勝ち点を「10」に伸ばしている。

 前節、アウェーでオーストラリアと引き分けた日本にとっては、勝てばワールドカップ出場権を獲得できる2位以内に入れる一戦。この試合に向けて、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、FW大迫勇也、FW久保裕也の2人を先発させる奇策に出た。日本の先発は、GK西川周作、DF酒井宏樹、吉田麻也、森重真人、長友佑都。中盤の底にMF山口蛍とMF長谷部誠。トップ下はMF清武弘嗣、3トップの右に久保、中央に大迫、左に原口元気が入る4-3-3で試合に臨んでいる。

 コイントスに勝利したサウジアラビアは、サイドを変更。前半は日本がメインスタンドから見て右から左に攻めることとなった。前半1分、日本は清武が中央をドリブルで突破。右足でシュートを放ったが、GKモハンメド・アルオワイスの正面を突いた。さらに3分にもカウンターを仕掛けた日本は、大迫が倒されてFKを得る。清武がゴール前に上げたボールに吉田が合わせたが、ヘディングシュートは枠を越えて行った。

 前半10分にはルーズボールを拾いに行った長友とDFハッサン・ムアト・ファラタが交錯。長友がボールを蹴った後にスライディングをしたとして、ハッサン・ムアト・ファラタにはイエローカードが提示された。

 ボールを保持する時間の長い日本だが、前半18分にはFWモハンメド・アルサハラウィに突破を許してシュートを打たれる。GK西川が正面でキャッチして事なきを得たが、あわやという危ない場面だった。日本は20分、自陣へのバックパスがズレたが、吉田が懸命に対応。そこから前線にボールを運び、中盤でのボールの奪い合いを制すと、原口がドリブルでボールを前に運ぶ。縦パスを大迫に入れると、大迫が反転してゴールを狙ったが、シュートはGKに防がれた。

 攻勢の続く日本は、酒井宏が清武とのパス交換で右サイドを突破。折り返しにフリーになった久保が合わせたが、シュートはDFにブロックされる。29分には大迫が最前線でボールを収め、前へ走り抜けた原口にパス。速攻を仕掛けたが、アタッキングサードでのパスがズレてフィニッシュまでは行けなかった。

 前半30分過ぎからサウジアラビアに攻め込まれる時間帯もあった日本だが、39分にはチャンスをつくる。中盤でボールをつなぎ、長谷部が最終ラインの裏に浮き球を送る。久保がコントロールしたボールを大迫がシュートしたが、枠を捉えられない。42分にも原口がドリブルからシュートを放つが、クロスバーをわずかに越えて行った。

 攻め続ける日本は43分、大迫のポストプレーから攻撃を仕掛け、DFのクリアーボールを清武がシュート。これがDFの手に当たり、日本にPKが与えられた。日本はこのPKを清武がゴール左に決めて1点を先制した。

 後半の開始から日本は久保を下げて、MF本田圭佑を投入する。敵陣で試合を進める日本は、後半の立ち上がりにセットプレーの流れから、さらに8分にも本田にゴール前でチャンスが訪れるが、シュートを打ち切れない。

 サウジアラビアは後半12分にMFヤヒア・アルシェハリを下げて、FWフハド・アルムワッラドを投入する。後半17分、日本は山口が中盤でボールを奪い、清武につないでカウンターを仕掛ける。最後は大迫がシュートしたが、DFにブロックされて得点にはならなかった。18分にも日本は原口が相手のパスをカットし、ドリブルからシュートをするが、ボールに力がなく、GKにキャッチされる。

 後半19分、日本は2人目の交代で清武を下げて、MF香川真司をピッチに送り出す。サウジアラビアも25分にMFアブドゥルマレク・アルハイブリを下げて、MFアブドゥールマジート・アルルワイリを投入した。後半28分、日本は原口が相手のパスをカットして、縦に仕掛ける。折り返しを本田がシュートしたが、DFにブロックされてCKとなった。CKから日本は何度かゴール前を横切るボールを蹴ったが、中で合わせられずに追加点を挙げられない。

 日本は33分にもペナルティーエリア内までボールを運び、本田が決定機を迎えたが、左足でコースを狙ったシュートはGKに防がれる。34分にはサウジアラビアが最後の交代枠を使い、FWナシル・アルシャムラニを投入した。その直後、日本は左サイドからサウジアラビアを崩し、最後はゴール前に詰めていた原口が右足でGKの動きの逆を突いてボールをゴールに流し込み、2-0とリードを広げた。

 日本は後半41分、ロングボールの落ち際を原口がDFと競り合いながらモノにして攻め込む。エリア内で本田にパスを送ると、本田が右足でシュートしたが、枠を捉えられなかった。このまま勝ち切りたい日本だったが、後半44分にサウジアラビアのDFオマル・イブラヒム・オスマンにゴールを決められて1点を返される。

 アディショナルタイムには、サウジアラビアのキャプテンDFオサマ・ハウサウィが2度目の警告を受けて退場となる。その後、日本は大迫を下げて、FW岡崎慎司を投入。その後もサウジアラビアに決定機が訪れたが、ヘディングシュートをGK西川がセーブ。日本が苦しみながらも逃げ切り、勝ち点「3」を手にしている。

《文=河合拓》

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.