リーガエスパニョーラリーガエスパニョーラ

16/11/08【週刊 清武弘嗣】サンパオリ監督が明かす、清武をコンスタントに起用できない理由

1カ月半ぶりに出場機会を得た清武(写真:Getty Images)

ディナモ・ザグレブ戦に途中出場

 バルセロナ戦の78分MFサミル・ナスリに代わって入ったのがMFビセンテ・イボーラだった時、失望したのは私だけではなかったろう。高さという武器があるとはいえ、1-2とリードされている状況で選ばれたのが守備的なMFとは……。攻撃的MFの最後の一人がベンチに残っているだろう、と聞きたいくらいだ。

 MF清武弘嗣の優先順位はそれほど低い。2日のディナモ・ザグレブ戦で1カ月半ぶりにプレーしたから、「もしかしたら……」という希望は抱いていたが、厳しい現実を突き付けられた感じだ。

 ホルヘ・サンパオリ監督はバルセロナとの大一番を4バック、攻撃的MF4枚で臨んだ。100%でないナスリにいつものMFビトロとMFフランコ・バスケスに加えMFパブロ・サラビアが入った。ビトロが左、サラビアが右、フランコ・バスケスがトップ下、ナスリがMFスティーブン・ヌゾンジとの2ボランチという並びだ。素晴らしいサッカーで相手を圧倒しながら前半を1-1で終え、61分FWルイス・スアレスに勝ち越し点を決められると、サンパオリはまずフランコ・バスケスに代えてガンソを入れた。後半に入ってすぐナスリは足を引きずり始め、プレスを掛けられなくなっていたが、サンパオリは78分まで引っ張った。それはナスリが彼にとっていかに代えの利かない選手なのかの証明であり、その代役がイボーラだったことは、清武の優先順位がいかに低いのかの証明だった。

 ディナモ・ザグレブ戦、75分に途中出場した清武は1カ月半の空白を感じさせないプレーをした。安全第一にチャンスがあればリードを広げる、というゲームの動かし方に沿って流れを壊すことなく、2点を追加したチームに貢献した。最初は右サイドに入りマリアーノのサポートを受けてボールをよく触っていたが、サラビアとサイドチェンジし左に入った後は、DFセルヒオ・エスクデロが疲れていたのであまり目立たなくなった。大事な一戦だったので攻守バランスを取ることを重視したのだと思うが、点差があったのでもっと仕掛けても良かったかもしれない。

 サンパオリの評価は「清武は今日の素晴らしい攻撃の一員になってくれた」の一言だった。とはいえ、長いブランクを経てプレーした選手にとっては良くも悪くもない、というのは決してマイナス評価ではない。

 だが、プレー内容よりも私がもっと気になっていたのは来るべきインターナショナルマッチウィークのことだ。せっかくプレーできたのにまた代表に招集されて仲間に後れを取ってしまうのではないか。サンパオリにプレーの感想を聞いた後にズバリ聞いてみた。

――代表戦のたびに清武が日本へ旅することが、彼がコンスタントにプレーするための障害になっているのでしょうか?

「そうだ。他の選手が成長している間に清武は中断せねばならなかった。いつかは挽回してくれるだろうが。長旅は日本のためには良いことで我われにとっては不都合なことだが、我われには何もできない。彼のプレーを向上させるためには、彼の仲間とプレーする代わりに我われと一緒に残ってくれれば理想なのだが、それはどうしようもないことだ。清武の才能を考えると、早くチームの一員になって欲しいと願っている」

 このコメントはクラブの公式WEBにも引用されていたので読んだ人もいるかもしれない。サンパオリの言葉は非常に率直だった。リーガとCLで週2回試合をするセビージャのようなチームにとってじっくり腰を落ち着けて練習をする機会は、プレシーズンとインターナショナルマッチウィークしかない。そこにいられないどころか、長旅で疲れて帰って来る。誰もが薄々感じていたことを肯定してくれた。

 途中交代で清武の名が告げられると、サンチェスピスファンの観客から大声援が上がった。1カ月半ぶりにプレーする選手に対するものとしては異例だった。ファンは清武を待っている。それが唯一の救いだった。

《文=木村浩嗣》

スペイン・リーガエスパニョーラの生放送予定

リーガエスパニョーラ第12節

・デポルティーボ vs セビージャ(清武弘嗣)
 11月19日(土) 夜9:00〜(生中継 WOWOWライブ
・バルセロナ vs マラガ
 11月19日(土) 深夜0:00〜(生中継 WOWOWライブ
・エイバル vs セルタ(乾貴士)
 11月19日(土) 深夜2:20〜(生中継 WOWOWライブ
・アトレチコ・マドリード vs レアル・マドリード
 11月20日(日) 朝4:35〜(生中継 WOWOWライブ
・バレンシア vs グラナダ
 11月20日(日) 深夜0:00〜(生中継 WOWOWライブ

 

日本代表関連生放送予定

キリンチャレンジカップ2016

・日本 vs オマーン
 10月11日(金) 夜7:00〜夜9:24(フジテレビ系)

2018 FIFA ワールドカップロシア アジア最終予選

・日本 vs サウジアラビア
 10月15日(火) 夜6:55〜朝9:54(NHK BS1、テレビ朝日系) 

Copyright (c) Jupiter Telecommunications Co., Ltd. All Rights Reserved.